オススメの芋焼酎 霧島

花火には全く関係ない話題ですm(__)m

IMG_2421

花火大会に行くと観覧・撮影に熱が入り、全くと言っていいほどお酒を飲みませんが、実はけっこう酒好きなアラサー野郎です(アル中ではありません)。

毎晩の晩酌は当たり前、酒を飲みながら花火鑑賞もしょっちゅうです。仕事帰り・風呂あがりの一杯は本当に美味いものです。

スポンサーリンク

霧島酒造の本格芋焼酎「霧島」

ビールも日本酒もウィスキーも好きですが、ここ数年はずーっと芋焼酎ばかり飲んでます。スーパーで売っている一般的な焼酎からはじまり、酒屋でしか手に入らないもの、プレミアム焼酎と呼ばれるものなど…色々手を出しましたが、最終的に「霧島」に落ち着きました。理由は単純で、「美味い」「どこでも手に入る」「私に合っている」この”三拍子が揃っている”のが大きな理由です。

金キリ・赤キリ・黒キリ・白キリ

霧島とは宮崎県の「霧島酒造」さんが作る本格芋焼酎です。で、この霧島ですが、いくつか種類があります。別に焼酎通でも無いですし専門家でも無いのでレビューなんて書けませんが、簡単にご紹介します(詳細は霧島酒造さんのホームページをご参照下さい)。

金霧島(金キリ)

金の角瓶に入っている。アルコール度数30度。値段も高い。柑橘系の爽やかな香り。

赤霧島(赤キリ)

赤ラベル。アルコール度数25度。紫芋「ムラサキマサリ」が原料。後を引くような甘みと気品高い香りが特徴。値段は少々高め。

黒霧島(黒キリ)

黒ラベル。アルコール度数20/25度。「黒麹」仕込み。トロリとしたあまみ、キリッとした後切れが特徴。値段はリーズナブル。

白霧島(白キリ)

白ラベル。アルコール度数20/25度。いわゆるスタンダードな霧島。芋本来のどしっとしたコク、ほわんとした香りが特徴。黒霧と同じく値段はリーズナブル。

芋焼酎で「霧島」といったら上記4品でしょうか。そのなかでも黒キリは一番目にする機会の多い焼酎かもしれませんね。

ph0enix2011がオススメする霧島

ひと通りのんだ私がオススメする霧島は、やはりスタンダード「白キリ」です。とにかく癖がない。水割り・お湯割り・オンザロック、どんな飲み方にも合います。それもアルコール度数20度の白キリがオススメです。20度の焼酎は25度の焼酎よりも安いし、飲みくちも良いです。刺し身と白キリ、なんて最高にマッチします。

白キリ、オススメの飲み方

その中でも特にオススメの飲み方は、「オンザロック」です。キリッとした味わいが楽しめますし、20度なのでスッーと入ってきます。芋焼酎いける方は、ぜひオンザロックで飲んでみてください。

いも焼酎が苦手な方は・・・

水割り(氷多め)にてチビチビ飲んでみてください。黒キリで苦い思い出のある方も「白キリ20度」なら芋焼酎本来の味わいが楽しめるかと思います。チェイサーを準備するのも手かもしれません。

最後に、芋焼酎に合うおつまみ

これは余談ですが…ポップコーン(塩味)と白キリ。結構合いますよ。ポップコーンに焼酎が染みて、油がマイルドになるといいますか…言葉で表すのは難しいッス。ぜひ試してみてください(^^)

以上、今日は焼酎のお話でした。

オススメの本格芋焼酎「霧島」

芋焼酎のおともに「ポップコーン」

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク