映画「この空の花 長岡花火物語」DVD(ブルーレイ)を購入してみました

こんにちは。昨夜は会社の送別会があり、3次会でカラオケを選択。朝方4:00に帰宅して頭がボーっとしている、花火ファンのph0enix2011です。

スポンサーリンク

映画「この空の花 長岡花火物語」

先日、4月8日、ずっと楽しみにしていた(まだ観たことないですが)大林宣彦監督の映画「この空の花 長岡花火物語」のDVD(Blu-ray)が発売開始されました。

DVD(Blu-ray)は全てレンタルで、購入した経験は過去の経験上あまりないのですが、こちらの映画は(花火好きとして)とても楽しみにしていたということもあり、某サイトでポチってみました。

この空の花

映画「この空の花ー長岡花火物語」

映画「この空の花ー長岡花火物語」あらすじ

以下、オフィシャルサイトより転載いたします。

天草の地方紙記者・遠藤玲子(松雪泰子)が長岡を訪れたことには幾つかの理由があった。ひとつは中越地震の体験を経て、2011年3月11日に起きた東日本大震災に於いていち早く被災者を受け入れた長岡市を新聞記者として見詰めること。そしてもうひとつは、何年も音信が途絶えていたかつての恋人・片山健一(?嶋政宏)からふいに届いた手紙に心惹かれたこと。山古志から届いた片山の手紙には、自分が教師を勤める高校で女子学生・元木花(猪股南)が書いた『まだ戦争には間に合う』という舞台を上演するので玲子に観て欲しいと書いてあり、更にはなによりも「長岡の花火を見て欲しい、長岡の花火はお祭りじゃない、空襲や地震で亡くなった人たちへの追悼の花火、復興への祈りの花火なんだ」という結びの言葉が強く胸に染み、導かれるように訪れたのだ。こうして2011年夏。長岡を旅する玲子は行く先々で出逢う人々と、数々の不思議な体験を重ねてゆく。そしてその不思議な体験のほとんどが、実際に起きた長岡の歴史と織り合わさっているのだと理解したとき、物語は過去、現在、未来へと時をまたぎ、誰も体験したことのない世界へと紡がれてゆく! ?転載ここまで。

この空の花?長岡花火物語 レンタル開始日

DVD(Blu-ray)のレンタル開始日は2014年7月8日です。あと3ヶ月は待てなかったので購入してみました。

まだ最後まで見ていませんが、長岡花火の歴史がとても良くわかる内容となっています。こうした背景がある長岡花火、やはりスケールが違うなと改めて思った次第です。

以上、簡単に記事投稿。

話題の映画「この空の花?長岡花火物語」を早速購入!

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク