[おすすめスイーツ] 成田ゆめ牧場の極上プリン・ふうせん牛乳プリン「ミルク玉」 【動画あり】

FullSizeRender(8)

こんばんは「ph0enix2011」です。いつも当ブログをご覧いただき、どうもありがとうございます!今日はスイーツのお話です。

先日妻が誕生日を迎えまして、その誕生日プレゼントということで会社の同僚から「ふうせん牛乳プリンミルク玉」を戴いてきました(ありがとうございます)。開封から食すまで、少しレビューっぽく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ふうせん牛乳プリンミルク玉とは

千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」が製造・販売するどちらかと言うとギフト向けの少しお高いプリンです。牧場で作るプリンということもあり、もちろん新鮮・本格・無添加素材で上質なプリンです。

普通のプリンはプラカップに入っていますが、こちらのプリンは商品名にもあるように「ゴム風船に包まれている」一風変わったプリンです。

見た目のかわいさ・開ける楽しさ・上質な味、3つ同時に楽しめるのがこのプリンの最大のポイントです!

その前に「成田ゆめ牧場」とは

成田ゆめ牧場(なりたゆめぼくじょう)は千葉県成田市名木にある観光牧場。オートキャンプ場も併設する。前身の秋葉牧場は1887年(明治20年)開業。

もともとは酪農専門の牧場であった。観光牧場としては1987年(昭和62年)に開業。牛やヤギなど多数の動物を飼育し、牛乳・ヨーグルトなどの乳製品やチーズケーキなどのスイーツの製造・販売も行っている。

牧場内では乗馬や乳搾り、バター作りなど牧場の特色を生かした各種体験教室や季節に応じて芋掘りやイチゴ狩りなども行っており、一年中遊べるようになっている。

以上、引用

さっそく開封!

FullSizeRender(8)

こんな感じで「たまごのパックを連想させる」紙パックに入っています。ラベルの手書き感が雰囲気を出しています。

FullSizeRender(9)

フタをあけると、5個の風船プリンが並んでいます。1個1個ふくろに入っています。

FullSizeRender(13)

食べ方と注意事項が書いてあります。ていねいに記載してありました。

FullSizeRender(11)

1つを手にとってみました。直径は約6cm、花火玉でいうと2号玉と同じ大きさですね。内容量は100gだそうです。

ミルク玉、開封の瞬間を動画にて!

楊枝を刺した瞬間のプチッ!とした感触が爽快です!!決して手に持ってやってはいけません。必ずお皿の上で開封してください。

成田ゆめ牧場の激うまスイーツ・ふうせん牛乳プリン「ミルク玉」そのお味は?

FullSizeRender(14)

ひとくち食べたその感想ですが、とにかく「濃厚」です。ミルクの美味しさをそのまま閉じ込めたような、深い味がします。

弾力感もあり、結構硬めです。ですが、口の中でトロけるその旨さは、やっぱり本物プリンは違うなあと感じさせられる瞬間でした。

ふうせん牛乳プリン「ミルク玉」まとめ

一風変わったふうせん牛乳プリン「ミルク玉」 。パッケージもかわいく、味も良いのでギフトにもオススメです。もちろん自宅でおやつの時間に楽しむのも◎

あける楽しさもあるので、お子さんにもウケがいいと思いますよ。現にうちの娘は大喜びでした。贈って嬉しい・送られて嬉しい、ふうせん牛乳プリン「ミルク玉」のお話でした。

成田ゆめ牧場公式ホームページ

◎牧場牛乳を活かした牛乳プリン「ミルク玉」のお買い求めはコチラから

成田ゆめ牧場オンラインショップ

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク