おすすめテレビ液晶クリーナーと選ぶ際の注意点

テレビ・パソコン・スマートフォンetc…「液晶パネル(タッチパネル)」が使われている製品が増え、その扱いにも気を使うようになりました。

気になるのがそのお手入れ方法ですが、皆さんどうされていますか?専用の液晶クリーナー使っていますか?

スマートフォンだと、保護フィルムを貼ったりして画面を保護している方も多いと思いますので、わざわざ液晶クリーナーを使う方も少ないと思いますが、テレビ・パソコンなどの大型液晶はやっぱり液晶クリーナーでピッカピカにしたいですよね!

今回は私の体験談も踏まえて、液晶クリーナーを選ぶ際の注意点・おすすめ液晶クリーナーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

液晶クリーナーとは

IMG_3642

液晶クリーナーとはなんて今さら書かなくてもご存知かと思いますが、そう読んで字の如し「液晶パネルをキレイにする物」です。クリーニングペーパー・不織布・クロスなんかを指しますかね。エタノールなどを染み込ませたウェットシートタイプ・クリーニング液がボトルに入ったスプレータイプなどもありますね。

液晶クリーナーを選ぶ際の注意点

本題ですが、そんな液晶クリーナーを選ぶ際に注意しなければならない点をウェットシートタイプ使用を前提にご紹介いたします。

液晶パネルサイズに注意する

キレイにしたいその液晶パネルサイズは何インチか。14インチ?50インチ?ここを一番考慮する必要があります。私の体験談も踏まえますと、パソコンくらいの小型液晶ですと「ウェットシートタイプ」テレビなど中・大型液晶の場合、クリーニング液の入った「スプレータイプ」がおすすめです。

我が家はパソコンは14インチ液晶・テレビは55インチ液晶ですが、ウェットシートタイプですと、大画面のパネルを全て拭き終わるまで乾いてしまいます。スプレータイプだと大きさに合わせてスプレーする量を調整できるので、大変便利です。

用途に注意する

すでに上述の通りです。パソコンなのか・テレビなのか、要するに小型液晶か大型液晶かで選ぶものも変わってきます。14インチぐらいのパネルですと、ウェットシートタイプ(140mm✕130mm)で充分ですが、大型液晶になると何枚も使用しなくてはなりません。

もちろん大きめサイズを購入すれば良いのですが、簡単便利にキレイにできるのが「スプレータイプ」です。スプレータイプだと上記の通り、そのサイズに合わせ噴射量を調整できますので、用途に合わせ便利に使うことができます。

ただ用途という意味では、その液晶クリーナーが使えない(使用不可の)パネルもあります。例えばコーティングしてあるパネルや、アンチグレア加工されているパネルなど。そういった液晶パネルには専用のクリーナーを使用しなければならないので、注意書をよく読んでから購入して下さい。

意外と知らない話

液晶クリーナーというと「これは液晶テレビに使えるの?」。テレビ液晶クリーナーだと「これはパソコンモニターには使えるの?」と迷うところですが、「液晶クリーナー」であれば、どんな液晶パネルにも使えますのでご安心ください(大手家電量販店担当者談)。

おすすめの液晶パネルクリーナー

IMG_3643

一般的に液晶クリーナーというと「クロス」があげられますが、私がもっともおすすめしたいのはエタノールを染み込ませた「ウェットシートタイプ」その中でも、特にスプレータイプ(クリーニング液)をおすすめします。理由は上記の通り「液晶パネルサイズに合わせ噴射量を調整できるから」です。

正直、どのクリーナーを使っても汚れは落ちますし、ピカピカになります。ウェットシートタイプだとなおさら、簡単に汚れ落としが可能です。

でもサイズに合わせ複数枚使用しなければならなかったり、拭いている最中に乾いてしまったりします。スプレータイプだとそういった問題が発生しません。スプレータイプのクリーニング液をクロスに染み込ませ、さっとひと拭きするだけで、汚れが超簡単に落とせます。

まとめ

液晶クリーナーを選ぶ際はまず「液晶パネルサイズに注意する」「用途に注意する」。ぜひお持ちの液晶に合わせて、最適なものを選んで下さいね。クロスよりもウェットシートタイプ、ウェットシートタイプよりもクリーニング液スプレーがおすすめですよ。また購入される際は、その液晶クリーナーの注意書もよく読んでから購入して下さいね。

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク