「日本一の花火音」を追求した花火動画・映像専門チャンネル「Hanavideo」からのご案内

YouTube-logo-full_color

もう私の中では短い夏も終わり、すっかり「秋」となりました。今年の花火はあまり行けず。あとは長野えびす講煙火大会くらいかなと、寂しく思っております。Hanavideo運営、ph0enix2011です。

今回はYouTubeチャンネル名変更のご案内と、改めて私が撮影する花火映像の特長についてお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル名を変更しました

さて、だいぶ遅れて撮りためた花火動画をYouTubeにアップしておりますが、やっぱり「ph0ennix2011」という名前を変更したいなあと思いまして、チャンネル名を「Hanavideo(ハナビデオ)」としました。

もともと長岡まつりの復興祈願花火・フェニックスにちなんで付けたアカウント名(2011は2011年に花火動画の撮影を始めたから)なのですが、数字が入っているアカウントは使いにくいにくい!ということで、花火・ビデオを掛けあわせた「Hanavideo」にシフトして行こうかと思っています。

いまは花火好きのph0enix2011が運営する「Hanavideo」ですが、いずれはHanavideo一本で活動していく予定です。

ちなみにHanavideo(ハナビデオ)にはその名の通り、花火の映像しかアップしません。花火動画専門チャンネルです。

ただし、こちらのブログ「お役立ち情報ブログ Hanavideo」には、花火以外の記事も書いていきます。(今はあまり役に立っていませんが、一応、役立つ情報を中心に書いていくつもりですので…)

Hanavideoが撮影・公開する花火動画の特長

私がYouTubeにアップしている花火動画の特長を簡単にご紹介いたします。「画質」と「音」2点の観点から…

画質について

一概に花火動画と言ってもフルHD(ハイビジョン)カメラ・4Kカメラ・スマフォなど、機器も様々ですし、その画質も様々です。

もちろんフルHD画質より4K画質のほうがキレイに撮影できる(見られる)わけですが、まだ一般家庭のテレビがフルHD画質(画素数というべきでしょうか)が主流ですので、私自身はそれほど4Kカメラにこだわりを持っておりません(数年後には買い換えたいなとは思っておりますが…)。

普通の民生機(一応ハイエンドモデル)を使用し、フルハイビジョン画質(1080p)にてお届けしております。4K画質には劣りますが、キレイに撮影出来ていると思います。

音について

画質も重要ですが「その動画はどんな音なのか」いわゆる録音も大事になってきます。私はこの「録音」については1番こだわりを持ってきました。画質よりも音をかなり重要視しています。

やはり音が貧弱ではせっかくの迫力も台無しですし、臨場感も失われます。私は「ご家庭でもそのままの花火を」をテーマに、リアル感を追求してきました。

当動画はハイビジョン画質はもちろんのこと、高音質機器にて録音した音を使用しています(動画タイトルに5.1chサラウンドや、高音質等の名称が入っている動画がそれです)。

花火の迫力ある開花音を皆さん­­­の耳元にそのままお届けできるよう、最大限工夫して録音しております。また市販品以外にも特殊機器を介しているため、他者が絶対真似できない、「よりリアルな、日­­­本一迫力ある花火音」の再現に成功しました。

是非ヘッドフォン・ステレオスピーカー・5.1chサラウンドシステムなど、高低音域­­­・音の広がりが豊かに再現できる環境下で「日本一リアルな花火音」お楽しみ頂けれ­ば­幸­いです。

他の花火動画をアップされている方と比較いただくとハッキリわかると思います。その違いにびっくりされると思います。これが追求した結果です。

※ヘッドホン・イヤホン・サラウンドシステム推奨です。スマフォ・PCのスピーカーで聴いても普通の貧弱な音にしか聞こえません。

花火映像・動画専門チャンネル まとめ

Hanavideoの花火動画の画質は「フルハイビジョン」、音は「日本一(自称)」。チャンネル登録者数はまだまだですが(大事なのはそこじゃないと思っている!)、あたかもその場(花火会場)にいるかのような臨場感をお届けできれば幸いです。これからも花火動画・映像専門チャンネル「Hanavideo」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

追伸、「日本一」というのはあくまで「音・録音」についてであり、それらは「自称」ですので予めご了承ください。日本一かどうかは皆さまご自身でご判断下さいませ。

花火動画・映像専門チャンネル → Hanavideo(ハナビデオ)

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク