【花火マニア徹底解剖】新年のご挨拶&花火マニア2016年総括

【各花火大会実行委員会様はじめ、メディア各社様・花火仲間の皆様・私を応援して下さっている全ての方々へ】

新年明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

皆様お一人おひとりの応援に支えられ、今までにない、とても充実した一年でした。特にメディア出演においては、数多くのメディア各社様からお声がけいただき、飛躍の年となりました。これも全て皆様のお陰と、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

本年は「新たな一歩を踏み出す重要な年」と位置付けております。花火マニア&アドバイザーとして、ますます成長してまいりたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

花火マニア安斎幸裕 2016年の花火観覧履歴

私が2016年に観覧&撮影に行った花火大会一覧です。2015年よりは行けたかな?と思いますが、花火見る見るマニアには敵いませんねw

  1. 長岡まつり大花火大会(2日間)/新潟県長岡市
  2. いわき花火大会/福島県いわき市
  3. 常総きぬ川花火大会/茨城県常総市
  4. 赤川花火大会/山形県鶴岡市
  5. 全国花火競技大会「大曲の花火」/秋田県大仙市
  6. 土浦全国花火競技大会/茨城県土浦市
  7. こうのす花火大会/埼玉県鴻巣市
  8. NARITA花火大会/千葉県成田市
  9. きみつ秋花火/千葉県君津市
  10. 会津全国煙火競演会/福島県会津若松市
  11. いばらきまつり/茨城県東茨城郡茨城町
  12. 長野えびす講煙火大会/長野県長野市
  13. 長泉夢花火/静岡県駿東郡長泉町

計:13大会観覧&約147,000発の花火玉を堪能

2016年印象的だった花火大会

これら13大会の中から、特に印象に残った花火大会ベスト3です。規模・内容はさておき「誰とどんなシチュエーションで観るか」によって、その花火の見え方・感じ方が大きく変わってきますね。

  1. 義母の還暦祝いを兼ねて行った大曲の花火
  2. 多数の社員と一緒に行ったNARITA花火大会
  3. やっぱり長岡&赤川花火大会は鉄板

花火マニア安斎幸裕 2016年の主なメディア出演&寄稿歴

2016年に出演(監修・寄稿)したメディア一覧です。本当に2016年は数多くのメディアに出演いたしました。「花火マニア」「安斎幸裕」という言葉が検索された回数も多かったのではないでしょうか。

  1. TBSラジオ・ジェーンスー生活は踊る(生出演)
  2. 日テレ・スッキリ!!(ワイプ出演)
  3. テレビ朝日・あやまおうのリニューアルしたよ(生出演)
  4. 毎日新聞・首都圏版(寄稿)
  5. TBSラジオ・安住紳一郎の日曜天国(寄稿)
  6. まいぷれ長岡・長岡花火スペシャルコンテンツ(監修執筆)
  7. 日本経済新聞・NIKKEIプラス1(選者として参加)
  8. BS日テレ・中川翔子のマニア★まにある(出演)

ラジオ2・テレビ3・新聞2・ネット1(他、小さなメディア5つぐらい)

2016年印象的だったメディア出演

7月のTBSラジオ生出演からはじまり、とにかく花火マニアとして、数多くのメディアに出演させていただきました。初めてなものですから、緊張・戸惑いの連続でした。

  1. テレビ初出演となったスッキリ!!
  2. 2016年の集大成とも言える中川翔子のマニア★まにある
  3. TBSラジオへの生出演も楽しかった

特に印象的だったのが、「日テレ・スッキリ」です。超有名番組からの出演オファーということで即・快諾しましたが、何分不慣れなもので、慌ただしい中での制作・放映となりました。

また「あやまおうのリニューアルしたよ」では、いま超有名な、あのピコ太郎こと、古坂大魔王さんがMCをつとめる番組で、こちらは生放送でしたのでものすごく緊張しました。中川翔子さん・笑い飯哲夫さんと共演できたことも印象的でした。

2017年は、昨年の2倍くらいメディア出演・寄稿・監修をしたいと内心思っています(メディア各社様よろしくお願いいたします!!)。

2017年の抱負 花火マニアは何を仕掛けるのか!?

今年特に仕掛たいこと、と言いますか実現したいこととして「2+α」考えています。個人的には「この2017年は重要な年」と位置づけておりますので、皆様のアツい応援のもと、奮闘してまいりたいです。

1.積極的にメディア出演していきます

こんな抱負を掲げても、メディア各社様からお声がけがなければ何の意味もないわけでして、どちらかと言えば「待ち(インバウンド)」になるわけですが、オファーいただけるように営業をかけていきます。

そのために「花火で視聴率&聴取率がとれる企画提案をしていきます」。こっちのほうが抱負っぽいですかね。20くらいは何らかのメディア様に関わっていきたいですね(メディア各社様、花火マニアの採用よろしくお願いいたします!!←2回目)。

2.花火アドバイザーも目指します

自称「花火マニア」ですが、花火マニアってなんだろう??と考えさせられる機会が多かったのも事実です。花火マニアは継続しつつも「花火アドバイザー」も担っていきたいと考えています。私が考える「花火アドバイザー」とは…

  1. 日本の花火発展のため、その宣伝普及に貢献すること
  2. 偏った見方・考え方ではなく、一般的な目線で花火を広く紹介すること
  3. 公平公正な目線・考え方で、人に花火を提案すること

この3つが重要と考えています。当然、己の花火に対する知識が備わっていることが前提です。マニア(愛好家)は、知識が豊富になってきたり、仲間ができたりすると評論家寄り(特に批判が多い)になってきます。私はそうはなりたくないなと。

「花火アドバイザー」として、玄人目線ではなく素人目線で、広く日本の花火の素晴らしさを伝え続けて行きたいと思います。

+α 情報発信の活性化を目指します

このブログも更新しようと決意しても、挫折(更新の停滞)の連続でした。それがダメなんですよね。今年はブログに限らず「Facebook&LINE」でも情報発信を継続的に行っていこうと思います(Twitterに関しては程々に…)。

ぜひ閲覧・ご登録をよろしくお願いいたします。ブログ等では公開しないレアな情報も投稿するかもしれませんよ!

最後に

ずっと「hanavideo」という私の源氏名や、「花火マニア」という肩書にこだわって花火と向き合ってきましたが、今後は「安斎幸裕」本名で活動していこうと思います。

花火マニア・安斎幸裕/花火愛好家・安斎幸裕/花火アドバイザー・安斎幸裕

このあたりが今後の活動名となってきますでしょうか。2017年も全力で花火に向き合っていきます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク