【動画あり】諏訪湖花火2017に新プログラム!?長岡花火と比較した結果…

いつも応援ありがとうございます、花火マニア・アドバイザー:安斎幸裕(hanavideo)です。花火に関するニュース・話題を、花火マニア・安斎幸裕が徹底解剖! 一般の方向けに、私の見解交えながら分かりやす~く紐といてお届けする【花火マニアの想】のコーナーです。

今回のニュースは、「諏訪湖祭湖上花火大会 新鮮な構成に」をお届けします。

国内最大規模、約40000発の打上数を誇る長野県を代表する花火大会「諏訪湖祭湖上花火大会」。今年で69回目の開催となりますが、その歴史ある花火大会に新たな企画が登場することとなりました。

スポンサーリンク

諏訪湖祭湖上花火大会2017 70回の節目を前にリニューアル

毎年8月15日に長野県諏訪市で開催されます「諏訪湖祭湖上花火大会(以下、諏訪湖花火)」。豪華絢爛、約40000発の花火が夜空を彩る、国内最大規模の花火大会です。

国内最大規模というだけあり、県内外から多くの観覧者が訪れ、有料観覧席のチケットは毎年売り切れとなる大人気の花火大会です。そんな諏訪湖花火が来年で70回の節目の年を迎えるにあたり、思い新たにリニューアルすることが決まりました。

ニュースの概要

諏訪市の諏訪湖で8月15日に開く第69回諏訪湖祭湖上花火大会の実行委員会と運営委員会の合同会議は5日、市役所で開いた。実行委員会長の金子ゆかり諏訪市長は、マンネリ化が指摘されている大会プログラムの企画・構成の見直しの検討を進めていることを明らかにした。一部の大型花火を前に移すといった順番の入れ替えや開幕花火の演出の工夫などを検討する。金子会長は「新しさを感じさせる構成にリニューアルしたい」と述べた。(引用元:Nagano Nippo Web

一部花火ファン(仲間)からも「諏訪湖花火は毎年変わり映えしない」とか「キス・オブ・ファイヤー(メインプログラム)以外インパクトが薄い」と言った無慈悲な声を少なからず聞いておりました。これを機に「新:諏訪湖花火」が誕生することを願いたいですね。

諏訪湖花火ってどのくらいすごい? 長岡花火との比較

一般観覧者の方には「40000発」という打ち上げ発数のインパクトが相当強い、この諏訪湖花火ですが、私の好きな花火大会、日本三大花火の一つ・長岡花火(新潟県長岡市)と比較してみました。※長岡花火は2日間で開催されますが、比較するため1日のみとしました。

諏訪湖花火・長岡花火 主要部分の比較表

諏訪湖花火 長岡花火
打ち上げ発数 約40000発 約10000発
玉の大きさ 10号玉(尺玉) 30号玉(正三尺玉)
音楽連動花火 あり あり
人気プログラム キス・オブ・ファイヤー 復興祈願花火・フェニックス
有料観覧席 あり あり
人出 約50万人 約50万人
テレビ中継 あり 不定期
アクセス 上諏訪駅から徒歩約8分 長岡駅から徒歩約30分
~東京駅の終電 20:25 21:58

いかがでしょうか?どちらも大差ないのかな?と思いますが、花火の部分で「打ち上げ発数」と「玉の大きさ」に決定的な違いがあります。沢山花火が見たい人は諏訪湖花火、大きな花火を見たい人は長岡花火ですね。

またアクセスとしては、諏訪湖花火の方が駅からの距離が劇的に近いですが、長岡駅は「新幹線停車駅」です。当日は臨時列車もあるので~東京駅での比較は一概にはできませんが、東京からのアクセスを考えた場合、長岡花火の方が余裕をもって行き来できます(と思います)。

以上のことから「日本三大花火の一つ、長岡花火と同クラスの花火大会」という事がお分かりいただけるかと思います(この表を見る限りは!という一言を付け加えておきますね)。

動画で見る 諏訪湖花火・長岡花火のメインプログラム

それでは数字以外の部分、メインプログラムの「キス・オブ・ファイヤー」「復興祈願花火・フェニックス」を動画で見比べてみたいと思います。

諏訪湖花火 キス・オブ・ファイヤー

(動画:Yuuki Amemiya様)

長岡花火 復興祈願花火・フェニックス

表で見るといまいちわかりにくかった部分も、動画で見ると、どちらも圧巻のスケール感ですね。

キス・オブ・ファイヤーは湖面で花火が開きますので「湖面を伝わる振動がものすごい」と聞きますし、フェニックスは幅2.0Kmで打ち上げられますから「視界におさまりきらない花火に涙が出た」という声も多数聞かれます。

まあ、打ち上げ場所(ロケーション)も内容も全く異なるプログラム同士なので、動画で比較はできませんね、好みの問題もありますし…

諏訪湖花火・長岡花火 比較の結果は…

結論から申し上げます「花火大会の比較など無駄以外の何物でもない」。これをハッキリと申し上げたくて無理やり比較しました。

なぜ比較が無駄か?それは「コンセプト・キャパ・予算・立地・条件等それぞれが異なり一概には比較できない」から。もっと言えば「どの花火大会にも歴史があり良さ(魅力)があり、そこに携わる方(スタッフ・花火師・地域の方々)の想いがある」から。

根底が違い過ぎて比較ができない以上は「●●花火大会はココがダメだよね~」とか「●●花火大会はつまらないからもう二度といかない」など、声を大にして言うべきではないのです。

各花火大会にはそれぞれのスタイルがあり、それぞれの歴史があり、そこに携わる方の想いがあり…まあ、打ち上げ発数くらいは比較しても良いかと思いますが…

花火マニの想 諏訪湖花火リニューアル まとめ

間に比較記事を挟んでしまったので遠回りしましたが、今回の諏訪湖花火の新しい試みに対して、一花火ファンとして心から応援したいと思います。開催がお盆の時期で帰省と被ってしまいなかなか行けませんが、諏訪湖花火の新たな飛躍・進化を願っています。

諏訪湖花火に飽きてきた方々に圧巻の「新:諏訪湖花火」を見せてあげて下さい、頑張れ・諏訪湖花火!!

この記事にいいね!して
花火マニアを応援♪

Twitter で
スポンサーリンク